« 2016年3月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年4月

2016/04/21

釣れるもんだな~!

 いや~今回も4/21日配信の「八島哲と釣りバトル」、配信まで8日もかかってしまいました。

 実は2日程無駄にしております。

まず1日は取材の翌日は先日の帰宅が日付をまたぎ朝7時と言うことで、一日中「ドハーッ」として寝てんだか起きてんだか判らない状態・・・キャプチャーと静止画抽出で終了!。

 二日目から粗編始めて四日目から本編集・・・TVつけながらベットの中うとうと・・震度7のニュースが飛び込み飛び起き・・「場所、場所」「何処~」と・・・熊本。

 それからは東日本大震災が脳裏に湧き上がり「こんな風に見られてたんだ~」、「何とかせんとな」と思いましたが・・何も出来ず・・何時に寝たのかさえわからず・・・当然の事ながら翌日は編集に頭が回らず・・断念!。

 落ち着きを取り戻し六日目から・・・ハッキリ言ってワームのみでカレイを釣ったのは初めてなのであります・・・アオイソメと混合でのカレイ釣りは何度もしておりますが最後までワーム一筋はこんな企画でないと実効出来ないのかもしれません。

 釣れるもんですな~、動画でも判るように太いワームの一本付けは反応今一でしたが、太いワームを1/3切った物と細いワームの二本付けは何らイソメと変りません。

 餌が苦手というお方も是非ワームで高級カレイを釣っていただきたいものであります。

 でも、熊本の方には非常に申し訳ありませんが、釣りが出来ると言う事は本当に幸せなことだとつくづく感じる日本列島なのであります。

 明日、義捐金振込みますので頑張ってくだされ!

| | コメント (0)

2016/04/04

大変遅くなりました~

 御閲覧の皆様、今回の「良寿丸で行く春アイナメはバトルで釣れ!」の配信が随分と遅れてしまいました~、スンマセン。

 では・・何故遅れたか・・ですが、それは通常編集と違うからです。

通常編集とは?

 ウェアラブル2カメで上船から釣り終了までの約7時間をフルに録画、重要な場面をハンディー1カメで部分録画、そしてその素材を編集機のタイムライン上に時間軸を合わせて乗せます、ですから尺は7時間からの切り出し(粗編)となります、この切り出し作業で約二日かかります。

 7時間の粗編で2日?とお思いでしょうが、必要な部分を切り出ししながら大元のストーリー(取材しながら考えた)をイメージしていく訳です、・・と言う事は、取材時に枝葉に別れてゆくストーリーを「どう繋げて行けるか」がカギになり、複雑でないほど編集は簡単になります。

 音の粗編・・

 粗編の中で最も重要なのは映像ではありません、声・・そう音の切り出しです、7時間の尺の中から映像を無視して音(声)の使用可能なパーツを見つけ出しておくのが編集の最後に役に立つのです。

 難題のバトル編・・

 バトル編が何故難題かと言うと、バトルだけに「時間の操作」が出来ないと言うことです。

 釣的動画の取材はTV局の制作物とは違い「筋書き」はありません、ですから話をまとめるためにコメントの時間軸を前後逆にする事があります、平たく言うと・・取材班が欲しいコメントを「誘い出して言わせる」テクニックを使う事があります、動画に出ていただいている方はほとんどが素人の方ですので「こう言って下さい」は中々自然に撮れません、出来るだけ普通のしゃべりで撮りたいのが本音なのです。

 バトルの場合魚の数が増えていく事になりますよね!、「今?匹~」のコメントが必ず入りますので順番を崩したり間引きすることが出来ないのです、しかし今回は釣果としては厳しい取材でしたので全て入れると間延びして尺も40分・・とても出せません。

 通常の配信はご覧になる方の事を考えて20分の尺のイメージで取材し22分前後で配信しております、何とか今回も25分以内にと考えて・・考えて・・考えて・・こんなに時間かかっちゃいました~!。

  4月12日も悩みながら取材しま~す、もちろん釣りますよ~。

 

| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年8月 »