« 2015年3月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年7月

2015/07/13

プロモーション取材は北陸~!

 「ずいぶん黒い瓦の家が多いね~」

 ハイエース・ディーゼル3000ターボは時速120キロで富山から石川へ・・・、

 初日の泊まりは金沢市内、こちらの方面には過去に二度程行きましたが金沢は初めての体感なのであります。

 道の狭い金沢市内

 立ち寄り先は「鮎毛鉤(加賀毛鉤)」で有名な伝統のある「目細八郎衛商店」、まったく区画整理がされていない昔のままの道路はハイエースにはきつめの巾の路地、しかも一通ではない。・・・しかし昔のままと言う事は江戸時代の人間もこの小路を「刀を差して歩いたのだな」と思うと、「残して正解」が、私の思考!。

 旨そうなラーメン屋

 さて、ホテルにチェックインとなるのだが、そのホテルに通ずる道も狭く、大通りから鋭角に・・・、かなりキツメの運転で・・と、曲がりきるとホテルの前に軒先一軒のラーメン屋を発見!、丹野君と顔を見合わせ「良い雰囲気~」今晩来なくっちゃ~と言いつつチェックイン!。

  白エビに舌鼓

 お待ちかねの夕食はホテル前の(前述のラーメン屋と同じ通り)お鮨屋で冷えたビールで始りまして・・名物三昧!、有名な白エビはご期待にもれず「甘いんだから~」ともしゃもしゃと頬張りビールで流す、・・・旅とはエエもんです、・・・しか~し心は何故かラーメンに・・・。

  なんだこりゃ~の長蛇の列

 お鮨屋さんでの寿司を食さず、「胃袋はラーメンなり!」と白木の扉を閉めてラーメン屋を見ると、・・・・絶句・・・・、待ったら何時食べれるの?の長蛇の列・・・。

 しばらく指をくわえて店内を覗き込む丹野君と私の出した結論は、「明日があるさ~!」。

  も~ちょっとやってよ~

動画でお見せしたとおり、悪天候で心まで「冷え冷え」の私達の心の支えはあの「ラーメン屋」なのであります。

 「先日は少し時間が早かったからな~」と、まずは目細氏の案内で金沢の夜を観光。

 石畳の路地に横板と瓦の日本そのものを思わせる「心穏やか」な街で、ウヰスキーなどを舐めた後、11時半ごろタクシ~で「目指せラーメン屋」と、先日の通りに直行!。

 タクシーの扉が開く前に、ラーメン屋ののれんを仕舞う行動が目に・・・、

 仙台では考えられない閉店時間なのであります。

 そして~

 腹の虫(本当に腹の虫)がおさまらず名物の「おろし蕎麦」を堪能したわけでございますが・・・、

 リベンジだ金沢!リベンジだラーメン屋! お願いだからたべさせて!

  オネガイします~哀願!

 

 

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2016年1月 »