« 2013は完全復活! | トップページ | 日本海冬メバロケ裏話 »

2013/01/06

さぁ、鱈を食らおう!

 腹を裂くと鮮やかな純白のヒダヒダ・・・

 大爆釣のタラジキ取材のお土産は、私にお正月を再認識させる事となった。

 丁寧にキクの掃除をし、生食用と鍋用に・・・・

 少な目の野菜と大き目の絹ごし豆腐を・・・

 鍋は分厚いものを、火を止めてからの「グツグツ」が鍋の命・・・、

 冷えたポン酢は生食用、鍋蓋の上で少々温めたポン酢は鍋用・・・、

 こだわりの行動は美味しく食べる儀式!

 鍋の中の真鱈の頭はとろけるゼラチン!

 一口大のキクをグツグツに置き火を止める・・・

 微妙な煮え加減

 これがポイント、

 決して煮えすぎはいけない、

 だからと言ってぬるいのは最悪、

 つまみやすくなったキクをポン酢に付けて・・・

 ハ・ホォーーーーーー、・・・トロ~、ハ・フォ~

 で・・・・飲んではいけないビールで・・・

 釣り上げたその日の臭みの無い真鱈の白子をいただけるのは釣り人の特権!

 だから取材やめられないのですよ!、は~やっと正月気分で~す!。

 

 

|

« 2013は完全復活! | トップページ | 日本海冬メバロケ裏話 »

コメント

釣りモノのなかでも一線を画す鋭い分析と推理が好きです。ヒラメとメバルのDVDも発注してしまいました(笑顔)春先に久ノ浜からメバル釣りをするのが早春の愉しみでした。死ぬまでにまた出られたらいいな…と思っています。お体ご自愛ください。ビールもほどほどに(笑)

投稿: かとう | 2013/01/18 午後 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013は完全復活! | トップページ | 日本海冬メバロケ裏話 »