2018/07/20

新規格の水中カメラについて

 汗・汗・汗

 鮎も暑くてプカプカしている今日この頃・・皆様、お暑い中どうお過ごしでしょうか・・・。
 私もイライラしながら編集に頭をよじっております。
 でもこんな暑い日は水中の事を考えるのが一番!。
 時代は4K
 ハイビジョンが主流のご時世ですが、素材的には4K録画が当たり前の時代に突入!、特に売り物の素材は4Kが必須なのであります。
 という事で4K水中カメラの製作に取り掛かったのが去年の12月・・・・しかしこれが大変な事、規格品を改造しての作業となりますが、規格品の基盤図を手に入れないとどうにもならない仕事なのであります、・・・でもどうにかめどが・・・。
 まぁその内容はともかく、今度の水中カメラは「気合」を入れて、
 4K全方位カメラに決定!!
 要するに、潮上・潮下・下方・上方と余すとこなく全ての映像を同時に捉えてやりましょうというもの(今流行の360度のwebカメラではありませんぞ!)。
 シンカーウェイトのみの調整で全ての釣りを撮ることの出来る「釣的動画4KUW CAM」なのであります。
 ただ~し、釣り船から100ボルト頂かないとモニター出来ないのが痛い所・・・(モニターに5画面出てきますよ~)。
 クソ暑い夏はこのくらいの事は考えないと暑さで頭痛が~!。
 でも金がかかる事この上なし、頭痛のネタはこれかもね~!


| | コメント (0)

2018/06/22

庄子秋広氏追悼

 昨日6月21日午後5時より、故庄子秋広氏の通夜へ・・・。

 
 釣的動画では彼の鰈釣りに対する思いを動画として一ヶ月程前にアップしておりました。
 
 ここではその取材風景を皆様に語りたいと思います。
 まずこの取材は「育男の大会ファイナル」での伊藤育男君と私の会話から始まるのです。
 育男の大会に奥様と共に応援という形で参加して下さった庄子秋広氏、釣的動画としての彼は、がまかつカレイ釣り大会で必ず顔を見ることのできる「トーナメンター」の位置付けでした。
 彼の病気に関しては以前より耳にしており、会う度に痩せて行く彼の姿には憐憫の情を覚えずにはいられないものであり、 「撮れないかな~」「今しかないですよね~」「だよね~」「何とかするわ~」
 と、育男君との会話の末の動画取材となったのです。
 三脚の脚を開きながらの会話
 まず歳の話しで私と彼が同じ昭和36年生まれという事が判り同級生という位置づけでの親近感が・・・。
 と言う事は、もちろん同世代を若者として生きてきた訳で趣味や映画の話に花が咲くのであります。
 特にサーフィンの話しに入るとお互いにテンションアップ、私がハワイ島での話しを持出すと彼も負けじとバリ島の話しで切り返してきます、そしてず~っと三脚の脚は開く事無く昭和36年生まれの二人の懐かしくもあり輝かしい若き日の思い出で饒舌になる二人なのでした。
 サーフィンから鰈釣りへの転身の話しで我に返り一気に三脚を開きカメラをセット・・・で静かにRECボタンを押しました。
 まぁ内容等は動画で見ていただければと思いますが、彼のいい笑顔が撮れた所で繋がりが全て見え収録終了・・・。
 「そろそろ庄子さんも疲れるから御暇します」と私、
 「なんだやまだ話したらいいっちゃ~」と庄子氏。
 同世代とは良いものです、会話とは良いものです、特に50歳も後半を迎えると「若かりし頃の思い出」は宝なのです。
でも若い人との会話もなかなか面白いですょ~、ついて行くの必死ですけどね~!
 
 
 

| | コメント (0)

2018/03/16

涙が出るほど「うめごだや~」

 

二連荘の取材を終えて・・・


 冷蔵庫には、マゾイ・アイナメ・ミズガレイ・マガレイと久々の鮮魚が所狭しと鎮座しているのであります。
 風呂で眠気を覚まし、ミズガレイに塩を・・・温まったオーブンはこんがりと焼く準備が整っております。
 マゾイとアイナメは乱切りの薄造り、よ~く冷蔵庫で冷やしておきました。
 小皿に日本酒を少々たらし、極上のサラサラの塩を二振りほど・・・、指で撫でるように混ぜたら刺身皿を突いて冷えた一枚を小皿へ・・・ワサビを摘んで刺身に乗せて口に運びます・・・・。
 二ヶ月の禁刺身が解禁を迎えました~
 身のしまったミズガレイはそっくり返り、縁側が程よくこげて湯気を立てます。
 皮と身を一緒に削ぐように箸でつまみ口に運びます。
「うめごだや~」
 涙が出て参りました、涙がどんどんでます・・・
 しまいにゃ、鼻水まで・・・
 そうです、今日が
 平成30年の花粉症の始まりはじまり~
 お判りかと思いますが、うれしくて涙が出たのではありません、
私くしそれほどナイーブではありませんから~!。
 

| | コメント (0)

2018/03/01

もう我慢の限界です!

 

もう我慢の限界です!


 一月中旬からの悪天候は年明けで入れた気合が思いっきり「膝カックン」された思いなのであります。
 「来週こそは、来週こそは」と、ヤフーの天気図などを凝視しながら「うゎ~またダメだ~」の連続、そして・・・野菜と肉の魚の無い食事、これが一番キツ~イ!、この仕事をしてると副産物として新鮮な魚がついてきます、そしてそれもやりがいにつながるのです。
この時期は回復したアイナメとメバルの刺身が常備されることが当たり前の冷蔵庫なのです。
 魚を買う
 そんな事は出来ましぇ~ん、「魚を買ったら負け!」釣り人なら思う節もあるでしょう、とにかく魚を買ったら負けなのです。
 しか~し
 もう我慢の限界で~す、
 脂の乗った”縞ホッケ”が私に語りかけてくるのです、「うふふ、食べてみんしゃい」と、・・・そしてついに・・・
 釣り人の威厳を捨てました~
 ホクホク湯気の立った身を口に運ぶその瞬間を脳裏に浮かべ鼻歌まじりで買い物から帰る”普通のおんつぁん”の私くし・・・あることに気づきました。
 大根買ってくんの忘れた~!
 大根も値段が高くて皮ごとおろす今日この頃なのでありました~。
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017/09/29

プレッシャー

 7月下旬より悪天候でどんよりとした天気が続く・・・

 取材は8月下旬よりバタバタと重なる。

 3つの編集待ちのコンテンツが・・・

 そしてまた取材予定が立ち、仕事場に上がる階段も駆け足となる。

 一本の動画は通常5日で編集されるが、行程としては粗編で2日本編集で3日を見ている、粗編をしながらあらすじを探っていく訳だが・・その尺8時間が悪い言葉で言えば「かったるい」、3時間が限界の脳みその運動会。

 そこで考えた重複行程

 「う~む、これでは進まん・・」と、考えた私なのであります。

 本編集は3時間やって1時間休む、しかし脳みそはその行程で得た不具合部分の修正をどうするかを必死に考えている、・・・と言う事は同時に2つの行程が出来ないものか?。

 で・・

 その1時間休憩中の次のコンテンツの粗編をする事にした、もちろん前述したように本編集のイメージは残したまま・・。

 とのかく粗編が終わらなければ本編集には入れない、粗編で削りだした素材とその構成が本編集の基礎となるからだ。

 そんなこんなで

 最後の二本は3日で出した・・、

 人間やれば出来るものである、苦労はもっと苦労することで苦労ではなくなる。

 しか~し

 その間の睡眠で起きた事は・・・二度と経験したくない

 脳みその反乱

 脳が勝手に編集しているのである・・・、

 要するに寝ても覚めても編集

 あ~これがプレッシャーなのね~!

 でもね~これで自信がついちゃったのも事実です~、あら~言っちゃった~!。

 

| | コメント (0)

2017/03/20

こんな時代になりました~!

 お久で~す、もう春ですな~。

 下北半島は尻屋崎のサクラマスジギング取材が終わると毎年春を感じるのであります。

 さて、仕事以外の事ですが末の息子が本日沖縄へ旅立ちました、もちろん仕事です・・。

 羽田から携帯で「乗り遅れた~」が最初の挨拶、「何、どったの?」で「友達と長話してたら・・・」とアホなスタート!、アハハと笑って次の便を探して何とか到着したそうです。

 今の若者の実態・・・

 まずテレビは見ません、「うるさい」と言って切られます。

 何か質問するとすぐにスマホで検索、例えば私どもの若い頃の曲を話題に出すとアッと言う間に見つけ出し聞かせてくれます。

 とにかくスマホとコンビニがあれば事足りるようです。

 使いこなせば凄いSNS・・

 わたすも一応スマホです、でもまだメールと通話のみ、一応フェイスブックにアカウントはありますが全然更新しておりましぇ~ん。

 釣りの世界の情報ももはや釣り人のSNSが主力となり瞬間で情報が見れる時代、釣りで商売をやるならSNSは欠かせない時代です。

 どうなんでしょうね~?、わたすも取材の状況をSNSで情報拡散した方がいいのでしょうかね~、でもビデオを回してから写真撮ってアップするのも大変そうだし・・只今悩んでおるところです。

 ビックリこいた人脈・・・

 息子で一番ビックリこいたのはSNSでの人脈なのであります、大阪で友達と飲むんだというから、「何~生意気~、どんなやつらと飲むの?」と聞くと、こんなやつらと、と言ってスマホを見せるのでありますが・・・何と”ブロンド”のカナダ人女性、もちろん他にも外国人がいて複数での飲み会なのでしょうが・・、

大阪で外国人とはちょっと考えられない古い頭なのでありま~す。

でもブロンド美人なら・・・やっぱりおれもSNS本格始動しようかな~!

 

| | コメント (1)

2017/01/01

 明けましたね~

 御閲覧の皆様、加盟サイト及び御協力者の皆様、明けましておめでとうございます。

 2016は悪天候との戦いで厳しい取材配信だったように思われます。

 あの3・11からあっと言う間の2017ですが、私的には福島(相馬)も正常営業に入れる望みも出てきまして、「やっと元に戻るかな?」という「始まりの年」という気が致します。

 さて、冬の取材についてですが、まずは「スロ~ジギング」でしょう、出来れば冬場の三陸をスローで攻められればと考えております。

 次に冬の風物詩「海タナゴ」です、七輪で餅でも焼きながら満月に竿をしならせて尺タナゴの入れ食いをお見せできれば・・・意外とファンは居るんですよね~。

 話は変りますが、31日の「KIYOKUGEN」最高でしたね~、年末は日本人のナイスファイトを見て終われるのが最高と考えています。

 それではブログを書き終わりましたら毎年恒例の機材の手入れと行きたいと思いますのでこの辺で・・・。

 しっかしキッタネェカメラだな~、ネジなんか錆びて回りもしねえ・・。

 

| | コメント (0)

2016/12/16

ナメタうめごだや~

 いや~、久しぶりのお寒い年末となっております、皆様いかがお過ごしでしょうか~?。

 下半身冷え性でブルブルの私くし、毛布を腰に巻いての編集作業となっておりま~す。

 え~、只今手がけておりますのが、相馬港は賀都屋旅館の明神丸取材、「年末高級魚狙い」・・いわゆるナメタガレイ狙いですな~、いよいよ相馬港も本格始動と喜んで私くしも竿を握りましたのでありま~す。

 まぁ、内容は動画配信でのお楽しみと言う事で・・・

帰りすがら「あっ池田さんですか~」「帰り寄るからナメタ貰ってくんない?」などと「がま親分」にナメタ献上の電話をしている私なのであります。

 結局は三枚のナメタを「がま親分」に献上、親分も「ほしがった~、すぐに炊くわ~」と献上品に感激の様子。

 さて、家に帰ると残っている三枚を早速捌きます、「あら~卵びっしり~」三枚ともメス!。

 「がま親分」のはどうだったのだろう?、と気にとめながらグツグツとナメタは煮付けられたのであります。

 うめごだや~

 そんなに「カレイの煮付け」を旨く思ったことの無い私くしなのでありますが・・・

 うめごだや~

 身は歯ごたえ良く「キュツ」ときしみます、エンガワをしゃぶって芋焼酎!、

  そしてタマゴ

  うめごだや~

 あ~あ、これにタコシャブあれば言う事ナッシングー!

 皆様も重い腰を上げて「うめえもの」釣りに行ってくだされ!、

 特にナメタの「コチッ」というアタリは寒さを吹き飛ばしますよ~。

 

 取材の時タコ釣れたら足二本程頂だいね~、お願い!

| | コメント (0)

2016/11/21

そろそろドローンかな?

 常に何かを考えている頭(皆そうですが)。

 何故か「ドローンの再度活用の時期」という指示が脳から来たような感じの今日この頃。

 再度活用と書いたのは・・数年前に民宿のかなめさんに行った時、偶然来ていたNHK取材班・・たしかタレントで女子バレーの益子あけみさんも来ており「なんと透明感のある人なのだろう」と関心・・まぁそれはさておき、その時ロケ隊がドローン(JDIファントム)を持っておりまして、「見せて見せて~」とずうずうしく質問などして・・・そして衝動買いの速攻で買ったのであります。

 しかしながら・・・当時はGOPRO(カメラ)も別売りで映像のモニターも出来ず・・・意図する事が出来るドローンは?と探しますと200万近くするのであります。

 ヤバイ~早とちりダ~

 と、また速攻でヤフオクに出品~、・・たちまち売れて被害最小~・・ホッ!。

 と言う事で再度なのであります。

 さて・・探しましたよ~、ありましたよ~、待った甲斐がありましたよ~、値段もおてごろ~。

 成長したな~

 以前なら「思い立ったら吉日」の思考で突っ走るのでありましたが、ドローンの件はベスト~!。

 では何故「脳」は指示を出したのか?

 そうなんです、それが判らない。

 浅い昼寝の「ノンレム睡眠」・・金縛りなら判りますが・・何故か「ドローン活用」の脳縛り。

 むくっと起き上がりPCで検索!、どんどんサーフ!。

 フムフム「そうゆう事ね」

 どうゆう事?

 以前、「JDIファントム」以外の候補として、ついて回って撮影するドローン「LILYカム」もあったらいいな~と思っておりましたら、二つを融合したようなドローンが出来ておりました。しかも脚は「跳ね上げ式」でフレームインせず360度回転のジンバル~。

 ベストでしょう!

 これに最新4K撮影OKのGOPRO5ブラックで決まり~。

 あとは水中カメラのように、腐る程テストを重ねて自分の手足になれば・・

 金華山の磯ロックを空撮でお届けできるかも~!

 まぁ、まだ買ってないので妄想ですけどね~、悲しー。

 

 

 

| | コメント (0)

2016/08/31

台風に翻弄された夏!

 7月1日鮎解禁、「心は鮎~」と毎年この時期を心待ちにしている取材班なのであります。

 今年の鮎は7月半ばまでは好調!、一人で白石川の良型鮎を満喫しておりました、しかしながら釣果は20匹台を越える事はなく何となくフラストレーションが溜まる7月なのでありました。

 晴天続きの川原

 フラストレーションに拍車をかけたのが晴天が続く天気であります。川の水位は低く瀬が無くなり鮎が食む苔は腐り、縄張りが無くなった鮎達は群れ鮎となり、益々釣りづらくなった現実につり人の焦点がぼやけ始めます、こんな時には・・・・。

 とにかく探せ!

 「釣れる鮎いねが~?」と、情報収集。

 やっぱ岩手でしょ

 ありましたよ~大船渡~、鮎がキラキラ~見ながら釣れる小河川!。

 行きましょ早ぐ

 で、ハイエース3000ターボDは三陸道を「どけどけ~」と猛進し「ハァハァ」と息遣いも荒く川原に到着!。

 あゆ・・鮎・・アユ~と、鼻息も荒く早朝に入川・・しかしながらこの河川も渇水状態、そしてなんとこの川は早朝から鮎が追う河川ではなかったのであります(後の地元情報)、しかしながら亡霊に取り付かれた釣り人は地元で買ったオトリ鮎に執拗にムチを入れ続けたのです。

 いる、居るぞ~

 おりました~、10時を回った頃堰堤上のトロ場・・、黒い石にヒュンヒュンと銀紙が交差し良く見ると周りの石にもかなりの鮎がついております。

 静かにしゃがみこみ鼻環を通して送り出しますが・・・

 なに~、オトリが泳がんぞ~

 3時間以上こき使ったオトリ鮎は当然のごとく脱水症状!、掛からない事は判っていますがついやってしまう虚しい釣り人の行動・・竿で無理やり引っ張って見える鮎に近づけます・・・野鮎は当然無視、・・オーマイガ~!!!。

 そんな事で頭から湯気をたたせる釣り人はオトリを借りつつ何とか20数匹は釣ったものの結局は20匹台なのでありました~!。

 雨よ降れ~

 とにかく雨が欲しい「雨よ、雨よ」と願っておりましたら、来ましたよ台風が・・そう7号登場!、「フレ~降れ~7号!」と天に向かってエールを送るバカなつり人なのであります。

 降り過ぎだぞ~バカ~

 台風7号通過・・、そして二日後ターボDはプラス80センチの気仙川へ。

 無言で川を見つめ・・車は遠野方面へ、そして宮古→釜石→大船渡→仙台と630キロの大移動、・・・こんなアホらしい行動でも鮎釣師にとっては当たり前の事なのです。

 ガックリと肩を落とし玄関の扉を、・・・心の中では「あと二日で夢の桃源郷が待っている・・」と言い聞かせ芋焼酎に手を伸ばすのであります。

 そして台風10号

 「もう降るなよ~」の切ない思いはことごとく打ち砕かれ、台風10号がブーメランのように東北に向かっております、「最初は関東上陸だったような?」。

 で、大船渡に上陸・・・、ガビィーン・・・・。

 オレのせいかもしれんな~。

 

 

 

| | コメント (0)

«釣れるもんだな~!